関根麻郎・ハラサオリ


「独特の存在感と視点をもつおふたり。今回も実際この二本立てがどういう効果を生むか、見通せません。人間にとって社会とはどういったものなかのか、そもそも人間とはどういった生物なのか、そして私はどこからきたのか…そんなことを問いかけるような公演になるのではないかと考えています。お見逃しなく!
」(R)

10月19日(金)・20日(土)
両日ともに、開場19:00/開演19:30

予約¥2,300(当日¥2,500)

★予約フォーム→クリック
・mail→RAFTmail
・tel→03-3365-0307(RAFT)

※メールでのご予約に関して
件名を「関根・ハラ予約」とし、本文に下記1〜4をご明記ください
1 お名前
2 観覧日時
3 人数
4 ご連絡先(携帯番号or固定電話)
※2日たってもメールの返信が無い場合は、ご予約が完了していませんのでお手数ですが再度メール、もしくはお電話にてご連絡ください。

RAFT(中野区中野1-4-4 1F)アクセス→map

 
関根麻郎『玄米四合はダメですか』
作・演出  関根麻郎
出演    田中田田田 セキネマーロウ

一日に玄米四合は多いから三合にするように 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」は戦後、教科書に載せるにあたり検閲されたことがあるそうです。井伏鱒二はそのことを戦時中の出来事に置き換えて「黒い雨」の中で登場人物に語らせています。人は、社会と個人の間を、自身の安全や生きやすさを求めて揺れ動く生き物です。検閲について考える時、それは歓迎したくないものだろうけれど、戦争と同様、人間っぽい行いであるように思えてしまったりもします。

[プロフィール]
セキネマーロウ。絵や写真をやっていたが、2007よりパフォーマンスアート的なこと。2008より演劇(chon muop、sons wo: などの作品に出演)。2016よりバンド(tnwh)に参加。2018よりM’s(国分寺)パフォーマンスの日(不定期)主催。

 
ハラサオリ

量り売りの大恋愛、毛艶の良い侮辱、命名する快楽、借りてきた戦慄、 保存のきく寒気、やむをえない点灯、来週の抜糸、拡張する身体。その先端。


[プロフィール]
ダンサー、美術家。halasaori.com